NOSAIとは

NOSAIの概要

本制度は、戦前の家畜保険と農業保険とを統合して昭和22年制定の農業災害補償法の下に、農業者の経営を支えるための主要な災害対策として再スタートした制度です。

また、この制度は農家が掛金を出し合って共同準備財産をつくり、災害が発生したときに共済金の支払いを受けて農業経営を守るという、農家の相互扶助を基本とした「共済保険」の制度です。

特に、農業は自然条件に依存することが大きいこと、農業災害は予期しないときに、 場合によってはきわめて広範囲に発生するという特性があることなどから、国の農業災害対策、政策保険として運営される公的保険制度です。

  • 事業の実施が法律(農業災害補償法)で義務づけられています。

    農業は、自然に依存する産業であり、いったん災害が起きると、その被害は大きく広範囲に及ぶため、NOSAI制度は国の農業災害対策の一環として、事業の実施が義務づけられています。
  • 一定規模以上の農家には、加入が義務づけられています。

    災害が起きたときの被害の補償という点で、一般の保険では運営がしがたく、政策保険として運営されます。そのため、多数の農家が加入することにより、危険の分散が図られ、制度が広くゆきわたるように、一定規模以上の農家には、加入が義務づけられています。
  • 共済掛金や事務費の一部を国が負担しています。

    国は農家が支払う共済掛金の一部と、NOSAI団体が事業を運営するための経費の一部を負担しています。
  • 損害防止事業を実施しています。

    NOSAIは、災害による被害の補償をするだけでなく、災害を未然に防止するため、各種の損害防止事業を積極的に実施しています。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174