事業紹介

農作物共済

加入資格

加入できるのは、水稲、陸稲及び麦の耕作面積の合計が10アール(※)以上の農家、農業法人、生産組織で、収入保険制度未加入の方です(全筆加入が必要)。

なお、農作物共済については、平成30年産まで当然加入制を採っていましたが、食糧管理法の廃止など制度自体の前提が変化していることに加え、収入保険やナラシ対策などが全て任意加入制であることを踏まえ、令和元年産から任意加入制に移行しました。

(※)農業共済組合の組合員の場合、10アール未満でも加入できる場合があります。詳しくはもよりの農業共済組合へお問い合わせください。

対象となる災害

風水害、干害、冷害、雪害その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病害虫及び鳥獣害です。品質方式、災害収入共済方式では、品質の低下による生産金額の減少も補償します。

共済責任期間

水稲 本田移植期から収穫時まで補償します。(直播の場合は発芽期から収穫期となります)
陸稲・麦 発芽期から収穫期まで補償します。

引受方式

水稲の引受方式
引受方式
内容
補償割合
一筆方式
耕地ごとに減収量を算定し、共済金を支払います。
7割、6割、5割
半相殺方式
農家のすべての被害耕地の減収量を合計し、共済金を支払います。
8割、7割、6割
全相殺方式
農家のすべての耕地の増収と減収を合計し、共済金を支払います。
9割、8割、7割
品質方式
減収及び品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。
9割、8割、7割
陸稲の引受方式
引受方式
内容
補償割合
一筆方式
耕地ごとに減収量を算定し、共済金を支払います。
7割、6割、5割
麦の引受方式
引受方式
内容
補償割合
一筆方式
耕地ごとに減収量を算定し、共済金を支払います。
7割、6割、5割
半相殺方式
農家のすべての被害耕地の減収量を合計し、共済金を支払います。
8割、7割、6割
全相殺方式
農家のすべての耕地の増収と減収を合計し、共済金を支払います。
9割、8割、7割
災害収入
共済方式
減収及び品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。
9割、8割、7割

共済金額(補償額)

引受方式
補償の内容
一筆方式
共済金額=1kg当たり共済金額×耕地の基準収穫量×補償割合
全相殺方式
共済金額=1kg当たり共済金額×農家ごとの基準収穫量×補償割合
品質方式・
災害収入
共済方式
共済金額=基準共済金額×補償割合(9〜7割から選択できます)
(※1)麦は1kg当たり共済金額及び基準生産金額が、担い手と担い手以外では金額が違います。
(※2)基準収穫量とは、その年の天候や肥培管理等が通常のものとして、客観的に期待される平均的な収量です。
(※3)全相殺方式、品質方式、災害収入共済方式は原則として、JA等集荷業者への出荷資料から過去の収穫量のおおむね全量が把握でき、今後も収穫量のおおむね全量をJA等集荷業者へ出荷し、出荷資料の提供が得られることが加入の要件となります。

共済掛金

共済掛金=共済金額×共済掛金率(※4)
農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)(※5)
(※4)共済掛金率は、過去20年間の被害率をもとに農林水産大臣より告示され、3年ごとに改定されます。
(※5)国庫負担割合は、水稲・陸稲は掛金の半分、麦は掛金の半分以上を国が負担します。

共済金の支払い

加入方式
補償の内容
一筆方式
1kg当たり共済金額に筆ごとの3割(4割又は5割)を超える減収量(共済減収量)を乗じて算出されます。
共済金=1kg当たり共済金額×共済減収量
共済減収量:(基準収穫量×補償割合)−見込収穫量を一筆ごとに算出した総減収量
半相殺方式
1kg当たり共済金額に筆ごとの2割(3割又は4割)を超える減収量(共済減収量)を乗じて算出されます。
共済金=1kg当たり共済金額×共済減収量
共済減収量:被害耕地の減収量の合計−基準収穫量×0.2(※6)
(※6)7割補償の場合0.3、6割補償の場合0.4
全相殺方式
1kg当たり共済金額に筆ごとの1割(2割又は3割)を超える減収量(共済減収量)を乗じて算出されます。
共済金=1kg当たり共済金額×共済減収量
共済減収量:基準収穫量−収穫量−基準収穫量×0.1(※7)
(※7)8割補償の場合0.2、7割補償の場合0.3
品質方式・
災害収入
共済方式
生産金額が共済限度額を下回ると対象となりますが、選択した共済金額の割合により変動します。
共済金=(共済限度額−生産金額)×共済金額÷共済限度額
農作物共済の詳細内容は以下のパンフレットでもご覧いただけます。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174