事業紹介

建物共済

加入資格

建物 所有または管理している住宅、農作業場、畜舎など
家具類 上記住宅に収容されている家具・家財(営業用什器は対象外となります)
小農機具 農作業場などに収容されている小農機具(1台80万円以上の農機具については加入申込書に記載されているものに限ります)

対象となる災害

火災共済 火災、落雷、建物外部からの物体の落下・衝突等、破裂・爆発、給排水設備に生じた事故に伴う漏水等(凍結の損害を除く)、盗難によって生じたき損・汚損、騒じょう
総合共済 上記に加えて、風水害、雪害、その他自然災害による損害、地震等

加入限度額

1棟ごとに再建築(新価)価格と家具類、農機具の再取得価格を合わせた金額まで加入できます。

火災共済 1棟当りの限度額は6,000万円まで。
総合共済 1棟当りの限度額は2,000万円まで。同一建物に「火災共済 + 総合共済」両方加入する場合、合わせて6,500万円まで。

加入の目安

「同じ建物を建て直すと現在ならいくらかかるか」というのが「再建築(新価)価格」です。

用途 坪当り単価の目安
標準的な住宅 50〜60万円
農作業場・納屋・畜舎等 12〜25万円
店舗併用住宅 50〜60万円
アパート 45〜60万円
土蔵 65〜80万円
家具類の標準価格
共通家具類再取得価格 個人家具類1人当りの再取得価格
住宅延面積 価格 世帯主夫婦
成人男子
25歳以上
215万円
25歳未満
145万円
成人女子
25歳以上
460万円
25歳未満
275万円
大学生男子
115万円
大学生女子
200万円
高・中・小学生
70万円
幼児
40万円
66m2(20坪)未満
480万円
550万円
66m2(20坪)以上
530万円
620万円
99m2(30坪)以上
610万円
132m2(40坪)以上
675万円
730万円
165m2(50坪)以上
725万円
198m2(60坪)以上
770万円
231m2(70坪)以上
815万円
765万円
264m2(80坪)以上
860万円
297m2(90坪)以上
885万円

共済責任期間

掛金を納入した日(共済証券にこれと異なる責任開始日が記載されている時はその日)の午後4時から1年間。継続加入の場合は、補償期間満了の時から1年間。

共済掛金

掛金は建物の用途や構造により異なります。

火災共済(加入金額100万円当り)
建物の用途
一般造
住宅・農作業場・畜舎・納屋等
970円
店舗併用住宅・店舗・旅館・事務所等
1,620円
食堂・飲食店・製剤所・木工加工場等
3,520円
総合共済(加入金額100万円当り)
建物の用途
一般造
住宅・農作業場・畜舎・納屋等
2,210円
店舗併用住宅・店舗・旅館・事務所等
2,720円
食堂・飲食店・製剤所・木工加工場等
4,210円

共済金の支払い

火災事故
加入割合が8割以上の場合は、損害共済金=損害額となります。(加入金額限度)8割未満の場合は、加入割合によって支払われます。
風水害事故
(総合共済加入)
再建築価格の5%以上、または1万円以上の損害の場合に支払対象となります。
地震等の事故
(総合共済加入)
再建築価格の5%以上、または1万円以上の損害の場合に建物・家具類の加入額の30%を限度として支払対象となります。
他の共済や保険に
加入していた場合
各社の支払共済金(保険金)の合計額が損害額を下回っている時は、それぞれ満額の支払いとなります。各社の支払共済金(保険金)の合計額が損害額を上回っている時は、各社の支払合計額を分母として、比例按分のうえ支払いとなります。
(※1)災害により、損害共済金のほかに残存物取片付け費用共済金・特別費用共済金・損害防止費用共済金・地震火災費用共済金・失火見舞費用共済金も支払われます。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174