事業紹介

家畜共済

加入資格

乳用成牛 出生後6ヶ月以上の乳牛の雌牛
乳用子牛等 受精または、受精卵移植後240日以上の乳牛の胎児および5ヶ月までの子牛
肥育用成牛 乳牛の雌等・種雄牛以外で肥育を目的として生後6ヶ月以上の牛
肥育用子牛 肥育用牛で生後5ヶ月末までの子牛
その他の肉用成牛 乳牛の雌等・種雄牛・肥育牛以外で生後6ヶ月以上の牛
その他の肉用子牛 受精または、受精卵移植後240日以上の肉牛の胎児およびその他の肉用牛で出生後5ヶ月までの子牛
乳用種種雄牛 乳用種に属する種畜証明書の交付を受けた種雄牛
肉用種種雄牛 肉用種に属する種畜証明書の交付を受けた種雄牛
一般馬 明け(出生の翌年から)2歳以上の馬
種雄馬 品種にかかわらず種畜証明書の交付を受けたすべての種雄馬
種豚 出生後6ヵ月以上の繁殖用の豚
特定包括肉豚 出生後20日以上(その日に離乳していない時は離乳した日以降)の種豚以外の豚
(※1)農家単位に全頭加入となります。ただし、種雄牛・種雄馬については1頭ごとに加入となります。

対象となる災害

乳用成牛 死亡・廃用事故 疾病障害事故
乳用子牛等
死亡・廃用事故
(生殖器・泌乳器疾患を除く)
肥育用成牛
肥育用子牛
その他の肉用成牛
その他の肉用子牛
乳用種種雄牛
肉用種種雄牛
一般馬
種雄馬
種豚
特定包括肉豚 死亡事故
(※2)共済事故の選択性:共済事故を選択することにより、掛金の割引が受けられる事故除外方式があります。

共済責任期間

共済掛金納入の翌日から1年間。(特定包括肉豚は出荷した時又は繁殖用として飼育された時)

引受方式

加入している家畜ごとに加入農家の共済金額までの損害が補償されます。(被害率の高い農家では一定限度額までです)

共済金額(全損のとき補償される金額)

共済価額に補償割合(付保割合) を乗じた金額です。
共済金額=共済価額×付保割合

共済掛金

共済掛金は、次のように計算されます。
共済掛金=共済金額×共済掛金率(※3)
農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)(※4)
(※3)共済掛金率は、組合等ごとに、過去の被害の状況に応じ、個人ごとに異なります。
(※4)牛馬の共済掛金の2分の1、種豚・肉豚については5分の2を国が負担しています。

共済金の支払い

死亡・廃用事故の場合
損害額=家畜価額−残存物価格等
共済金=損害額×(共済金額÷共済価額)
疾病傷害事故の場合、共済給付基準に該当するも のは、一定の限度額まで共済金の支払いが受けられます。
一定の事由(損害防止義務違反等)によって生ずる損害については、共済金が一部又は全額免除される場合があります。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174