事業紹介

果樹共済

加入資格

減収総合方式 結果樹齢に達している樹園地で類(1〜3類)ごとに5アール以上を栽培している農家
特定危険方式 栽培面積の合計が20アール以上でかつ5年以上の栽培経験を有する農家
加入対象品種
類区分 品種名
1類 幸水、新水、愛甘水、長寿、筑水、多摩
2類 廿世紀、豊水、長十郎、南水、新星、あきづき
3類 新高、塚原、新興、秀峰

共済責任期間

発芽期から収穫期まで。

引受方式

引受方式(補償割合)
対象となる災害
半相殺方式
減収総合方式
(7割)
風水害、干害、ひょう害、地震、噴火など全ての自然災害、火災、病虫害、鳥獣害
特定危険方式
(8割)
減収ひょう害方式
ひょう害
減収暴風雨・
ひょう害・
凍霜害方式
暴風雨(※1)、ひょう害、凍霜害
樹園地単位方式
(※2)
減収総合方式
(6割)
風水害、干害、ひょう害、地震、噴火など全ての自然災害、火災、病虫害、鳥獣害
特定危険方式
(7割)
風水害、干害、ひょう害、地震、噴火など全ての自然災害、火災、病虫害、鳥獣害
(※1)暴風雨とは、最大風速13.9メートル毎秒以上、又は最大瞬間風速20.0メートル毎秒以上のいずれかに該当する場合です。
(※2)樹園地単位方式への加入については、組合等の定款等で実施が規定されていること、組合等単位である程度戸数がまとまることが前提となります。
引受方式
補償の内容
半相殺方式
農家単位で類ごとに減収量の合計がその農家の基準収穫量(※3)の3割(減収総合方式)、2割(特定危険方式)を超える被害があった場合に共済金が支払われます。
樹園地単位方式
樹園地単位で減収量がその樹園地の基準収穫量の4割(減収総合方式)、3割(特定危険方式)を超える被害があった場合に共済金が支払われます。
(※3)基準収穫量とは、その年の天候を平年並みとし、肥培管理なども通常に行われた場合に見込まれる収穫量です。

共済金額(全損のとき補償される金額)

1s当たり価額に標準収穫量と補償割合を乗じた金額です。
共済金額=1kg当たり価額×標準収穫量×補償割合

共済掛金

共済掛金は、次のように計算されます。
共済掛金=共済金額×共済掛金率(※4)
農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合)(※5)
(※4)共済掛金率は、加入方式により異なります。
(※5)共済掛金の50%を国が負担しています。
(※6)防風ネットや多目的ネットなどの防災施設が設置されている樹園地は、共済掛金の割引があります。

共済金の支払い

損害があった場合に支払われる金額は、共済金額に支払割合(損害割合に応じた割合)を乗じて算出します。
損害割合=減収量÷基準収穫量
共済金=共済金額×支払割合(※7)
(※7)支払割合は加入方式ごとに計算されます。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174