事業紹介

畑作物共済

加入資格

大豆の栽培面積5アール以上栽培している農家、担い手農家等が加入できます。

全相殺方式では、大豆の生産量の95%以上を過去5年間農協等に出荷しており、今後も出荷資料等を取得できることが必要になります。

加入は作付しているすべての耕地を申込みしていただきます。

対象となる災害

風水害をはじめとする自然災害や病虫害、鳥獣害、地震、火災などが支払いの対象となります。

共済責任期間

発芽期から収穫する時期(圃場乾燥中を含む)までの期間です。

引受方式

引受方式
内容
補償割合
半相殺方式
耕地ごとに実測調査を行い、減収した耕地の減収量が農家単位の基準収穫量の2割を超える被害があった場合に共済金が支払われます。
8割
全相殺方式
出荷量による損害調査を行い、農家単位の減収量(基準収穫量−収穫量)がその農家の基準収穫量の1割を超える被害があった場合に共済金が支払われます。
9割
(※1)基準収穫量とは、基準単収に作付面積を乗じたものです。基準単収は、その年の天候を平年並みとみなし、肥培管理なども通常に行われた場合に見込まれる10アール当たり収穫量です。全相殺方式では過去の出荷数量等を元に算出されます。

共済金額(補償額)

基準収穫量に補償割合を乗じて算出した収量に1kg当たりの共済金額を乗じた金額です。
共済金額=(基準収穫量×補償割合)×1kg当たりの共済金額
(※2)担い手と担い手以外では1kg当たりの共済金額が違います。

共済掛金

共済掛金=共済金額×共済掛金率
農家負担掛金=共済掛金−(共済掛金×国庫負担割合55%)
(※3)共済掛金率は、その地域の過去の被害実績により定められています。

共済金の支払い

共済金=1kg当たり共済金額×共済減収量(※4)
(※4)共済減収量は加入方式によって以下の計算方法になります。
加入方式
共済減収量
半相殺方式
耕地ごとの減収量合計−(総基準収穫量×20%)
(※6)増収分は含みません。
全相殺方式
(総基準収穫量−全耕地の出荷量)−総基準収穫量×10%
(※7)増収分も含みます。

県央南農業共済組合
〒309-1625
茨城県笠間市来栖138-5
TEL:0296-72-7321(代)
FAX:0296-72-4174